初出産、助産師さんや看護師さんが乗り切り方を教えてくれて

私は34歳で 初出産 でした。期待や不安、子供への愛情を育んできた“10月10日”。検診の度に聞く我が子の心音や、お腹の中で元気に動く様子に本当に母としての喜びを感じたものです。…そして、その日はやってきました。

予定日を少し過ぎたその日… 友達や先輩、母から“陣痛ってどんな感じ?”と聞きまくっていた私にとっての陣痛は… やはり、かなり痛いものでし た。「これが陣痛か!! なるほど!!」って感じの… でも、助産師さんや看護師さんがその乗り切り方を教えてくれて、それだけを信じてがんばりました。

結果… お産は想像していたより楽なものでした。

なぜなら、私一人で産んだ気がしなかったから… 先生がいて助産師さんがいて何より子供がすごくがんばってくれた。立ち会う予定のなかった主人が立 ち会ってくれ“家族の”共同作業という気がしました。その最中は“痛いーっ”とか多分さけんだり、とてもはずかしい私だったと思いますが、大満足の出産で した。産声を聞いて子供の顔を見たときにはもう痛さはありません。それくらいの痛さです! こわがらず、それまでがんばってきた自分や子供を信じて臨んで ください。

2016年6月21日

ページの先頭へ